ホーム > 製品情報 > 目隠しフェンスシリーズ > シー・スクリーン

目隠しフェンスシリーズ

目隠しフェンスシリーズ

シー・スクリーン [C-Screen]

目隠しフェンス(シー・スクリーン)

製品特長

  • 従来のスチール製目隠しフェンスにはなかった採光性のあるフェンス
  • 閉塞感や圧迫感の少ない目隠しフェンスとして商品化
  • スチール製目隠しパネルとは違い、格段に軽く取り回しが容易
  • 都市環境にマッチした軽快な外観デザイン

この製品の設置に適した用途

アイコンをクリックすると、用途別の一覧ページから製品を選択できます。

製品仕様

このページのトップに戻る

材質・表面処理

部材 材質 表面処理
目隠し面材 ポリカーボネート
主柱 STKR400-Z12以上 粉体塗装
胴縁 STKR400-Z12以上 粉体塗装

ポリカーボネートについての注意事項

注意

  1. 施工時にフレーム材などの塗装作業を伴う場合は、塗料が十分に乾いてから取付を行ってください。
  2. 塗料や溶剤・シンナーが付着しますと、クラックが生じたり、跡形が残ったりしますので絶対に使用しないでください。
  3. マスキングフイルムを貼ったまま長時間屋外に放置しますと、マスキングフイルムが剥がれなくなる可能性があります。施工後はすぐにマスキングフイルムを剥がしてください。
  4. 焚き火など異常な高温を近くで受けますと、反りやたわみ等、変形するおそれがありますので焼却場所に隣接したところには使用しないでください。
  5. 表面が汚れた場合は、水洗いまたは水で200倍程度に薄めた中性洗剤を浸した柔らかい布で軽く拭き取ってください(原液のままではクラックが発生する恐れがあります)。
    クレンザーやアルカリ性洗剤、タワシや硬い布は絶対に使用しないでください。
  6. 施工時、ポリカーボネートをボルト・ナット締めをする際には局部的な応力集中を避けるため、必ず座金やワッシャーをご使用ください。また、ボルト・ナットを必要以上に締め過ぎるとクラックが発生する場合がございますので、締め過ぎにご注意ください。
  7. 施工時、搬入時に素手で端面を持つと肌を傷つける恐れがありますので軍手等を着用して行ってください。

保管について

直射日光下で重ねたままでの在庫、仮置きなどは変形することがありますのでさけてください。
製品の上に物を置かないでください、変形やキズの原因になります。

製品カラーバリエーション

このページのトップに戻る

  • ホワイト
  • パールグレー

ポリカーボネート以外

製品標準図

このページのトップに戻る

【標準図】

c-screen-img1
サイズ表
高さ呼称 フェンス高さ
(L1)
パネル高さ
(L2)
埋込み
(L3)
柱全長
(L4)
柱サイズ 参考基礎寸法
a×b×c
H-180 1,800 1,760 250 2,050 □100×50×3.2 400×400×700
H-200 2,000 1,960 250 2,250 □100×50×3.2 500×500×700

この製品についてのお問い合わせ、資料請求

このページのトップに戻る

製品カタログのご請求、その他、各種お問合せを、こちらのメールフォームにて承っております。また、右記のお電話でも承っております。お気軽にご連絡ください。

※弊社の個人情報取り扱いについてプライバシーポリシーをご確認の上、お問い合わせください。

入力フォーム読み込み中…フォームが表示されない場合

製品に関する電話でのお問い合わせ

最寄りの各支店にて受け付けております。

営業時間 午前9:00~午後5:30
※土・日・祝日・年末年始を除く

札幌支店
011-208-6111
東北支店
022-263-2311
本社(関東)
03-3630-2921
名古屋支店
052-564-7281
大阪支店
06-6202-1270
九州支店
092-281-9900