目次

施工に必要な道具

1、レベルまたはトランシット 5、ドライバー
2、水準器 6、ペンチ
3、水糸 7、金鋸
4、8mm用ナット用スパナ 8、コテ、ツルハシ、スコップ

施工手順

1、設置場所の確認

・設置場所を調査し、設置延長を測定して割付図をつくります。 

2、柱の立て込み位置を決めて基礎(基礎ブロック)を埋め込みます。

・コーナーには柱を立てるようにしてください。
・レベルと通りは正確に出してください。

nettype_01

3、基礎部の突き固め

nettype_02

4、主柱のレベル出し

・基礎部の穴に主柱を入れ、上下の胴縁を仮止めしながらその胴縁を利用してレベルと通りを決めます。
・モルタルを充填して主柱を固定します。(木片などを使ってレベルを出すと便利です)

nettype_03

5、主柱と胴縁の取り付け

・主柱と胴縁を胴縁取付け金具を用いて本締めします。

6、主柱の固定

・主柱を固定するためにモルタルを充填して突き固めます。
・この際、主柱が動く可能性のある場合は、養生のために支えを付けます。

nettype_04

7、金網張り

・基礎のモルタルが固まった後、金網を張ります。
・1巻き5~10mを広げ、ナックルされていない場合は曲げて(ナックル加工)骨線を通します。
・この骨線を胴縁の爪に掛けて金網を張ります。

nettype_05

8、中間骨線の取付け

・骨線取付け金具(U字金具)を用いて主柱と骨線を取り付けます。

nettype_06

9、隅柱

・隅柱と胴縁をボルトで直接止めます。

nettype_07

check

※ボルト・ナットの締め付けを点検してください。
※施工上のよごれ、モルタルの付着があればきれいに拭き取ってください。
※施工上の傷、塗膜のはがれは、タッチアップ塗料(市販品又は、当社で別途用意してあるもの)できれいに仕上げてください。